☆資産年間1.15倍目標★ えりまき 株ブログ

国内株式投資で資産を年1.15倍にする目標を掲げ、現在3連続達成。4年目も1.15倍を目指し奮闘中。

株用語まとめてみた!
PERの適正値は?
おすすめ記事

株式投資 1160日目 -弱含み、強含み-

こんにちは、えりまきです。

2019年9月18日(水) の投資成績を公開します。

株式市場と連動する値動きの株取引アプリ「トレダビ」の成績を載せています。

 

本日は手持ちの保有銘柄を全て売却しました。これはえりまき流投資の売却ルールの「市場の過熱感が強い場合」に従っています。昨日のブログでも書きましたが、昨日の日経平均RSIが95とかなりの過熱感だったため、成行注文で朝一番に売却しました。今後は買いのタイミングをまったりと待ちます。

 

初期資産:1000万円 (2016年7月15日開始)

f:id:hachikulo:20190918205034p:plain

f:id:hachikulo:20190918205232p:plain

f:id:hachikulo:20190917195559p:plain

◼️成績公開について

  ・年間1.15倍にする過程を残すために毎日公開をしています。

  ・2019年8月17日から投資成績を公開しています。公開開始時の資産は2685万円。

 

◼️これまでのトレダビ投資成績

  1年目+34.43%、2年目+38.93% 、3年目+32.07%

  ↑実は目標の年間+15%を越える好成績!(地合いが良かった)

https://www.k-zone.co.jp/td/mypages?id=458192

↑トレダビマイページ(エリマキ)

 

--サブトピック--

≪株用語300文字要約≫
"弱含み(よわふくみ)、強含み(つよふくみ)"

株価などの相場の地合いが弱く、上がるよりは、むしろ下がりそうな状態のこと。反対に,相場が上がりそうな気配を見せている状態を強含みという。また、相場の見通しに対し下落するとみるのを弱気、反対に上昇するとみるのを強気といいます。これらの用語は市況予想や概況でよく使用されます。

[本日の用語使用例]

・米中貿易摩擦への懸念が残る中、積極的に買い上がるのは難しく、今日の日経平均は弱含みが予想されます。

・16日のニューヨーク外国為替市場では、中東の地政学的リスクの高まりを背景にドルは全面高の展開となり、ドル円は108.17円まで強含みに推移した。

・日米の経済政策の違いにより、日本株には「強気」、米国株には「やや弱気」の見通し

 

≪市場概況≫

◆[東京株式市場]11営業日ぶりの反落

日経平均 2万1960円71銭

前日比 40円61銭(0.18%)安

売買代金 2兆2374億円

売買高 12億2105万株

騰落銘柄数 値上がり602銘柄 値下がり1,466銘柄 変わらず82銘柄

業種別株価指数(33業種)

<上昇↑> 電気・ガス業、海運業等 

<下落↓> 鉱業、石油・石炭製品、鉄鋼等

前日までの10営業日続伸に対する警戒感により利益確定売りをする動きが出て値下がりする銘柄が多かったが、日経平均、東証株価指数ともにあまり下げ幅は広がらなかった。18日(日本時間19日未明)の米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を控えて様子見をする投資家が多く、日経平均の日中値幅は85円にとどまった。

----------

 

ここまで読んで頂きありがとうございました!

それではまた明日。

 

※株式投資は自己判断・自己責任でお願いします※

 

f:id:hachikulo:20190918205916p:plain

ホッっと一息えりまきちゃん